最後に、神経症に悩まされ続けている方へ、与一のメッセージ

神経症克服 あしたのために 神経症から救ってくれた岩波先生と神経症に苦しむ皆様へのメッセージ

神経症の終わらない悪夢から救い出してくれた方への感謝の言葉

こう書くのも何ですが……僕の目を覚まさせてくれたのは、とある先生です。
僕の人生を、悪夢の神経症地獄から救ってくれた人であり、最大の恩師となりました。
型にはまらない自由奔放な人です。そして、日本にもこんなにありえない能力を持つ人がいたのかというぐらいの、鬼才。その名はドリームアート・ラボラトリーの岩波先生です。

非常に強いオーラを発し、人当たりがとても良く、精力的に動きまわっている人で、今では海外からも、先生の技術とカリスマ性を求めて通ってくるほどです。
【先生もそろそろお年なので、そのスゴワザを受けられる期限は迫っています。そうしたら人類の損失だと思います。先生の神技は、誰にも真似できない奇跡的な技術なので、多くの人が、神経症を克服するきっかけを失ってしまうことになるでしょう】

圧倒的にすごい心の底の問題を解決できる技術は、現在も切れ味が増しているそうです。
先生のおかげで、今もどれだけの人が、神経症から救われていることでしょうか。

下の『 』は僕が先生に捧げる言葉です。


『岩波先生、あなたには言葉にならないほどの感謝をしています。
あれだけ弱かった僕を引き上げてくれて、なんとお礼を言っていいかわかりません。
僕ができるのは、岩波先生へのお礼ではなく、先生の助言やノウハウ、プログラムで培った経験を伝えること、それが一番だと思いました』

かつての僕がそうだったように、少しでもこのサイトが、誰かの何かしらの心の栄養になればと思います。
そして、今悩んでいる人は、世の中は闇ではないし、苦しいことだらけではないし、恐怖ばかりじゃないということを是非、経験として知って欲しいと思います。

※岩波先生の心理脳内プログラムですが、70歳を超え、神経症などの悩みを持った人たちのためだけにプログラムをやらなくなっていくそうです。どれくらいプログラムの枠数が狭まるかわかりませんが、更に多忙になっていきます(マインドフルネスや自己研鑽、健康などあらゆるメンタルが関わる分野で大きな効果を挙げられる技術があるためです)
これまでいつか受ければいいと悠長に構えていた人も、その事実を踏まえてみてください。
先生の技術やプログラムは誰にも継承できないほどレベルが高いものですから。

(補足 2017 3/15)現実的にいよいよ神経症克服プログラムの一般向けベーシックコースがどんどん予約枠が狭められていって、いずれは受けたくても受けられないものになりそうです…。
先生の技術は世界のどこでも、そして世界の上層部にも別次元だと思われる非常に高いレベルがあります。
特に心理的な分野、脳科学分野、瞑想やマインドフルネスの分野などを追い求めている人は、先生を手放さないでしょう。
現在も超有名人がどんどん受けていっていますし、プログラムもそれ一本化してしまう可能性は高いです。
今ならまだ間に合うとのことです。

神経症で自暴自棄になっていたあの頃

神経症は解決が一番難しい問題なのかもしれません。
僕たちは、そんな難問に挑んでいかなくちゃいけない。

神経症になったら、マイナスの感情に支配されてしまいます。
感情の世界にはどんな知識があっても知恵が回ってもかないません。
全力で心の底でマイナスの感情を巻き起こしているのに、どうして克服することができるでしょうか? 

知恵の世界は知恵の世界にすぎないし、もっとベースとなる部分から悩みに対処しないと何やっても駄目です。あまりに無力で絶望するだけです。
神経症はやばいです。一人だけじゃ治しようがありません。
どんなに頑張っても、すぐ挫折してしまいます。

僕もどれだけ自分の運命を呪ったでしょうか。
治るために精一杯努力したのに、何にもならなかった。
神経症や無意識に関する書籍をかなり読みまくり、いっぱしの知識人にもなったと思います。
でも、博識になったからといって、自分の心は全然言い聞かせることができない。

こんなことがずっと続いていったら、もうどうしたらいいかわからなくなったし、何をしたら本当に治るのか、本当に可能なのか、僕は本当に苦しい思いをしてきました。
究極に苛々して、この鬱憤をどこにぶつけたらいいかわからず、もう爆発しそうでした。
神経症のあまりの強大さに、対処しようがなく萎縮してしまい、ただベッドの中で鬱々と過ごす日々もありました。
だからといって、将来の不安にブルブルと震えていただけでしたが。

自暴自棄と茫然自失の日々しか、僕はいつからか送れなくなりました。
その間も、僕の心の底にあったはずのプラスのエネルギーが腐っていったのを毎日感じていました。
神経症になる前は、とても明るい展望を僕の未来に感じていた時もありました。
でも、そんなものが全く消え失せました。

なぜ僕は生きているのだろう? 生きていても意味は無いし、未来がないならば、現在も消してしまったほうが楽だと思って生きていただけでした。
でも、そんな勇気も行動力もないまま、行動も思考も腐っていき、僕は自分のことをダメ人間だと気づかなくなるくらい、ダメ人間になっていきました(克服の過程で、僕がどれだけ魂が腐乱していたか気づけた)

神経症を克服することがどれだけ大変で、奇跡でも起きなければならない限り、良くなりようがないことは、経験者ならば大きく頷かれることだと思います。
神経症のやばいエネルギーに、僕らは精一杯抵抗しても常にねじ伏せられてしまいます。

僕の人生はまだまだ終わっていなかった。救われた。ある人のおかげで

だけど、神経症の強大な壁を倒壊させる技術に出会うことができました。
はじめて、僕は自分の中の神経症に立ち向かうことができたのです。
それは岩波先生のおかげでした。

そして、プログラムを受けていく中で、たくさんのことがわかってきました。
どういう思考を積み重ねていけば、良くなれるのかを。
どんな受け止め方をしてしまうと、神経症に潰されてしまうのかを。

神経症に乗っ取られた脳みそを、僕が取り戻せていくにあたって、たくさんの神経症を克服する考え方や行動が気づいてきました。
脳が神経症から自由になったら、こんなにクリアになるものなんですね。
この時から、僕はあれだけ強大に思っていた神経症や、僕の無意識が小さく見えてきて、神経症がそこからみるみる良くなっていきました。
それって、知識や知恵で気づいたことではなくて、もっと別次元の深い脳みそが作動したからだと思います。

その機会を与えてくれた岩波先生に感謝したいと思います。
先生しか、先生の技術しか、僕の心を解放させてくれる方法は絶対になかったと思います。


なんで知恵と気力を振り絞って、神経症に対策を立ててもうまくいかないかの理由を知りたければここをクリック

このサイトに書かれてあることが、知恵のレベルではなく、もっと感情の部分、無意識の部分から身に付いたとき、「そうなんだ!」と真の意味で体得したとき、すごいことになりますよ!

そのためには常に自分というものを困難に立ち向かわせる姿勢が一番。
惰性と楽からは、悩みは消えません。
神経症なら、なおさら木っ端微塵にされてしまいます。

そうなるためにこのサイトを参考にしてもらえれば幸いです。
そして神経症が改善した暁には、今度はご自分の神経症体験を他の方の悩み克服のためにも発信して下さい。

その輪が広がればもっとこの世の中は生きやすくなるはずです!


与一への相談メール
僕の神経症を解決に導いた岩波先生のプログラムについて、
神経症を克服させる方法についてなど、気楽にメールを送ってください!
(新規予約の人の紹介もしています。予約の際に紹介者がいるほうが有利になるそうですから)

僕はみなさんよりもひと足早く神経症克服を成し遂げましたが、
奇跡的な出会いがなかったら今も窒息状態だったでしょう。
ですので岩波先生の克服方法について強い興味がある!
という人の相談にのっています。

神経症は手ごわすぎる敵ですが、自分そのものでもあります
つまり、やり方、見方を変えれば対処可能だし、良くなれるものです
本気で神経症の人生を変えたい方、MAIL待っています)

岩波先生のドリームアート研究所の方も神経症克服のための相談に乗っているようです。
僕が神経症を克服できたのもドリームアートのサイトのおかげです。
ドリームアート研究所岩波英知先生の神経症治療についての相談窓口

HOME

inserted by FC2 system